気まぐれIT

Windows, Linux, Apache, XOOPS, Software ~ デジカメ, DV, DVD などのデジタル家電のことまで。。。
ウイルスバスター トレンドマイクロ・オンラインショップ   デル株式会社

スポンサーサイト



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

XAMPPのインストール(2)



- 記事中の小さい画像をクリックすると別ウィンドウで拡大表示します-


■セキュリティ設定の前に。。。

  1. 「XAMPP管理ツール」画面のURLについて

    トップページ(http://localhost/)にindex.htmlなどを設置する場合は、「C:\xampp\htdocs\ndex.php」を削除してください
    このとき、管理ツールは「http://localhost/」ではアクセスできなくなりますので、「http://localhost/xampp/でアクセスするようにしてください

  2. デモを実行してみましょう

    「XAMPP管理ツール」の左のメニューに用意されている7つの「デモ」の
    のうち一番上の「CDコレクション」をクリックしてエラーが出ないか確認してみてください。
    このデモでは「PHP+MySql」が利用されていますので、このデモが正常に動作すればこれらの基本動作はOKと考えられます。
    セキュリティ設定後、このデモはそのままでは利用できなくなります。
    (対応方法は別の機会に説明の予定。この他のデモは利用できます)

■XAMPPのセキュリティ設定をする

さあ、それでは最低限のセキュリティの設定をします。
「XAMPP管理ツール」のトップ画面を表示してください。

「XAMPP管理ツール」
のトップ画面

XAMPPの管理画面(トップ)

セキュリティの確認画面を開く前に、「phpMyAdmin」という「MySQLの管理画面」を開いてみましょう
左のメニューのやや下のあたりにある「phpMyAdmin 」をクリックしてみてください

「phpMyAdmin」の画面
phpMyAdminの画面

「phpMyAdmin」では、MySQLを利用できるユーザの管理などのMySQLの運用にかかわることから、データベースやテーブルの作成や削除、データの更新などMySQLに関するほとんどの設定や操作が行えます

「この画面が何の制限もなく起動できた」ということを覚えておいてください

それでは「XAMPP管理ツール」のトップ画面に戻り、左のメニューの「ようこそ」の2つ下にある「セキュリティ」をクリックして「XAMPP のセキュリティ」画面 を開いてください

「XAMPP セキュリティ」確認画面 XAMPP セキュリティ画面

下記の4つの「要注意」項目が表示されていると思います
  1. これらのXAMPPページは一般的にネットワーク経由でアクセス可能です
  2. MySQLユーザルートにパスワードがありません
  3. PhpMyAdminはネットワーク上から自由にアクセスできてしまいます
  4. PHPは"safe mode"で起動していません
1.は「XAMPP管理ツール」自体のアクセスに制限がないこと、2.と3.は「MySQLに関するもの」です。

1~3の3項目について対策を講じることにします。確認画面の枠の下の方にある下記のリンクをクリックしてください
 http://localhost/security/xamppsecurity.php

セキュリティ設定画面(1)
MySQLのセキュリティコンソール & XAMPPのディレクトリ制御画面

左図のような「MySQLのセキュリティコンソール & XAMPPのディレクトリ制御」の画面が現れます
まず、上の方の「MYSQL 項目: "ROOT" パスワード」の設定を行います
  • 「新しいパスワード」と「新しいパスワード(確認)」の2箇所に設定したいパスワードを入力
  • 「http」と「cookie」の選択は規定値の「cookie」のままでOK
その下の「パスワードを変更しました」ボタンをクリックします

セキュリティ設定画面(2)
MySQLのセキュリティ設定完了画面

画面が左図のように変わり、 MySQLの管理者「root」のパスワードが設定されたことが確認できればOKです

セキュリティ設定画面(3)
XAMPPのディレクトリ制御 (.htaccess)設定画面

 続いて、下の方の「XAMPPのディレクトリ制御 (.htaccess) 」の方のパスワードを設定します
  • 「ユーザ」に「root」を入力
    (「root」以外でもかまいません)
  • 「パスワード」に設定したいパスワードを入力

その下の「安全なXAMPPディレクトリを作成してください」ボタンをクリックします

セキュリティ設定画面(4)
XAMPPのディレクトリ制御 (.htaccess)設定完了画面

画面が左図のように変わり、「XAMPPのディレクトリ制御」が設定されたことが確認できればOKです

以上で「最低限のセキュリティの設定」が完了です



■XAMPPのセキュリティ設定後は、。。。


「XAMPP管理ツール」
を開こうとすると。。。

XAMPP管理ツールのログイン画面

「XAMPP管理ツール」を開こうとすると左図のような認証ダイアログが開き、「ユーザ名」「パスワード」が求められるようになります
(但し、認証後一定時間内は再認証は行われません)

「phpMyAdmin」
を開こうとすると。。。

phpMyAdminのログイン画面

「phpMyAdmin」を開こうとすると、左図のような画面となり、上記同様に「ユーザ名」「パスワード」が求められるようになります
(但し、認証後一定時間内は再認証は行われません)

「セキュリティ確認画面」は。。。
セキュリティ設定後のセキュリティ確認画面


MySQLのセキュリティコンソール & XAMPPのディレクトリ制御 」の画面はどうでしょう。
  1. XAMPPページはネットワーク経由での一般的なアクセスが可能でなくなりました
  2. MySQLユーザルートはパスワードが無しの状態が解消されました
  3. PhpMyAdminのログインパスワードが有効になりました
  4. PHPは"safe mode"で起動していません
対策を講じた3項目が「要注意」→「安全」に変わりました


以上で、最小限のセキュリティ対策が完了です
これでWebサーバの基盤ができました

次はこのサーバにブログツールである「WordPress」をインストールしてみたいと思います

<このブログ内の関連記事>
スポンサーサイト

XAMPPのインストール(1)



- 記事中の小さい画像をクリックすると別ウィンドウで拡大表示します-


■XAMPPをダウンロードする

2008年4月1日現在のXAMPPの最新版はバージョン1.6.6aであり、apache friends の下記のURLからダウンロードできる。

 ○ダウンロード先: apache friends - xampp for windows

 ○パッケージの内容:
  • Apache 2.2.8 + OpenSSL 0.9.8g 
  • MySQL 5.0.51a
  • SQLite 2.8.15
  • PHP 5.2.5 & PHP 4.4.8
  • MiniPerl 5.8.7,
  • phpMyAdmin 2.11.4

00.XAMPP Download
「XAMPP Windows版 1.6.6a, February 22th 2008」の「XAMPP Windows版 1.6.6a」〔ベーシックパッケージ〕 のところにインストーラ版、ZIP版、EXE (7-zip)版の3つがありますが、今回は、最も簡単で安全と思われる「インストーラ」版(xampp-win32-1.6.6a-installer.exe 34 MB)をダウンロードして使用します。




■XAMPPをインストールする

インストールはとても簡単です。
ダウンロードしたファイル「xampp-win32-1.6.6a-installer.exe」を実行し、順番に進めていくだけで数分で終了します。

 言語の選択
00.XAMPP Download

既定値の「Japanese」のままでOKです

インストール先
の選択

00.XAMPP インストール先の選択

C:\XAMPP」が既定値となっています
この場合、ドキュメントルート(Webサイトのトップフォルダ)は「C:\xampp\htdocs」となります

D:ドライブが使用できる場合は、「D:\xampp」に変更するという選択肢もあります

後でインストール先を変更すると面倒なので、あらかじめ決めておく方がいいでしょう

 オプション選択
00.XAMPP オプション選択

ショートカットの作成は、特に変更の必要はないでしょう
サービスの設定は、後で変更できますので特にここで設定する必要もありません

「インストール」をクリックすると、しばらくしてインストールが完了します



■ XAMPP Control Panel を利用する

XAMPP Control
Panelの起動

10.XAMPP Control Panelの起動

「デスクトップ」 または 「すべてのプログラム→Apache Friends→XAMPP」 にある「XAMPP Control Panel」アイコンをダブルクリックまたはクリックして起動します

インストール直後の起動画面
10.XAMPP インストール直後の起動画面

モジュールのところは、上から、
Apache(Webサーバ)、MySql(データベースサーバ)、FileZilla(FTPサーバ)、Mercury(SMTPサーバ) の順に並んでいます

すべての「サービス」の左のチェックボックスが空欄でサービスとしてインストールされていません。また、右側のボタンが「開始」となっていて、プログラムが起動していない状態となっています

※とりあえず、ApacheとMySqlを利用できるようにします
 (FileZillaとMercuryについては別の機会に譲ります)

Apacheのサービスをインストール
10.XAMPP Apacheのサービス

Apacheはサービスとして起動しなくても利用できますが、XPなどのNT系のWindowsでは通常サービスとして起動するようにします

Apacheの左側のサービス欄のチェックボックスをクリックすると、「Apacheのサービスをインストールします。よろしいですか?」という確認のダイアログボックスが現れますので「OK」をクリックします

MySqlのサービスをインストール
10.XAMPP MySqlのサービス

Apacheの場合と同様に、

MySqlの左側のサービス欄のチェックボックスをクリックすると、「MySqlのサービスをインストールします。よろしいですか?」という確認のダイアログボックスが現れますので「OK」をクリックします

2つのサービス
がインストールされた状態
10.XAMPP 2つのサービスがインストールされた状態
 

ApacheおよびMySqlのサービスをインストールしたので、この2つのモジュールのサービス欄にチェックが入っています

サービスを開始する
10.XAMPP サービスを開始する

いよいよApacheとMySqlを起動します

開始したいサービスの右の「開始」ボタンをクリックすると、「開始」ボタンが「停止」ボタンに変わり、その左に「起動」と表示されます

左図は「Apache」と「MySql」の右の「開始」を順番にクリックした後の画面です
(Apacheのボタンが「停止中」となっているのは愛嬌か?)

各々のサーバの設定を変更した場合などは、サービスを再起動(停止→起動)する必要があります

Windowsを再起動後の画面
10.XAMPP Windowsを再起動後の画面

上記のようにサービスとしてインストールしておくと、Windows起動時に自動的にサービスが開始します
(ログインしなくてもサービスは開始します)

ログインして「XAMPP Control Panel」を開くと、左図のようにサービスが開始状態になっていることが確認できます

※再起動は後ほど行なってください
※起動時にサービスを自動的に開始しないようにすることもできます
(コントロールパネル→サービス で該当サービスの「スタートアップの種類」を「自動」→「手動」に変更する。詳細は省略)

XAMPP Control Panel
を常駐させる
10.XAMPP XAMPP Control Panel

「XAMPP Control Panel」は、普段はあまり利用機会がありません
  • 右下の「終了」ボタンをクリックすると終了します
  • 右上の[X](閉じるボタン)をクリックすると、終了せず右下の通知領域(タスクトレイ)に入ります。この場合は、このアイコンをクリックすることですばやくウィンドウを開くことができます

右上の最小化ボタンをクリックするとタスクバーに入りますので少し邪魔なります。[X]で通知領域に入れるのがお勧めです。

動作の確認
12.XAMPP 動作の確認

以下のいずれかの方法でインストールしたWebサーバのページを表示させてみます
  • 「XAMPP Control Panel」の「Apache」の右にある「管理ツール」をクリックする
  • IEなどのWebブラウザを起動し、URLに「http://localhost/」を指定する
※インストール後の最初の起動時には左のような「言語選択画面」になるかもしれません。その場合は、右端の「日本語」をクリックしてください
12XAMPP 動作の確認

正常にインストールされていれば左のような画面になり、
 「XAMPP Windows版へようこそ。。。
  おめでとうございます:
  システム上にXAMPPが正しくインストールされました!」
という文言が確認できるはずです

※ここまででうまく動作しない場合は、一旦アンインストールしてから再インストールしたほうが近道かもしれません。


以上で、最小限のインストールが完了です
既定値の「C:\xampp」にインストールした場合は、「C:\xampp\htdocs」以下にHTMLファイルを置くことでWebブラウザで「http://localhost/~ 」と指定することで表示可能になっているはずです。

しかしこの状態ではセキュリティ上、全く無防備です。
ということで、次回はセキュリティの設定について記述したいと思います。

<このブログ内の関連記事>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。