気まぐれIT

Windows, Linux, Apache, XOOPS, Software ~ デジカメ, DV, DVD などのデジタル家電のことまで。。。
ウイルスバスター トレンドマイクロ・オンラインショップ   デル株式会社

スポンサーサイト



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自分の「Windowsパソコン」に、「Webサーバ」をインストールする(1)



■Webサーバをインストール?

ホームページを公開する方法としては、
  • 無料のホームページスペースを借りる
  • 無料のブログサービスを利用する

などの方法がありますが、

  • オープンソースのCGIなどを利用したい
  • もっと容量がほしい
  • もっと自由度がほしい

という場合は、

  • 自宅サーバを立てる
  • レンタルサーバを利用する

といったことが必要になってきます。

自宅サーバではもちろんWebサーバを構築することが必須ですが、レンタルサーバを利用する場合やホームページスペースを借りるだけの場合でも身近なところにWebサーバがあるとテスト環境として利用でき何かと便利です。

■Webサーバのソフトウェアにはどんなものがある?

Windowsで利用できるWebサーバのソフトウェアとしては、次のようなものがあります。

   ※ヒット数: サーバ名でGoogle検索したときのヒット数。

No.

サーバ名

ヒット数

概   要

 1  Apache

 639,000

世界中で最も多く利用されているオープンソースのWebサーバ。
Linuxなどの多くのUNIX系のOSのほかWindowsにも対応しでいる。
レンタルサーバの多くがAppacheで構築・運用されている。
 2  IIS

 446,000

マイクロソフト社のWebサーバ。
Windows ServerやWindowsXP Proなどに標準搭載されている。
マイクロソフト社のWebアプリケーション環境であるASP.NETのサーバとの位置づけが強く業務アプリケーションで多く利用されている。
 3  AN HTTPD

 73,000

中田昭雄氏の製作のWebサーバ。
国内のWindowsユーザの利用者が多い。
 4  sHTTPd

 2,000

VectorにおけるWebサーバのダウンロードランキング1位。
設定が簡単で容易にWebサーバの構築ができる


次回は「何をインストールするか?」について書いてみたいと思います。
 
<このブログ内の関連記事>
スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。